府中四谷の交通事故はお任せ下さい

カテゴリ: 交通事故

お問い合わせはこちら

 

0422-31-8125

 

https://line.me/R/ti/p/%40pgk9128x

http://www.koutsujiko-magokoroseikotu.com/

 

・追突事故

追突事故とは、交通事故のうち、前方の車に後ろから突っ込んで当たる事故。高速道路などで多く発生します。

・むちうち

むちうちとは、自動車の追突の際、衝突等の衝撃で首がむちで打たれたようにしなり、首の筋肉や靱帯等が損傷、痛みやめまい、倦怠感や吐き気といった症状が出る症状。

・正面衝突

正面衝突とは、真正面からぶつかり合うこと。

・側面衝突

側面衝突とは、自動車の側面に衝撃を受けること。

・出会頭衝突

出合頭衝突とは、交わる方向に進行中の車両が、互いに行き合うはずみに衝突した状況。

・接触事故

接触事故とは、自動車を運転中に車両やガードレール等の物や歩行者・自転車な等に接触を起こし、損害・傷害を与える事故。

・後退時衝突事故(逆突事故)

後退時衝突事故(逆突事故)とは、バックするときに他の車に衝突する事故。駐車場内で方向転換する際に多く発生します。

・道路外逸脱

道路外逸脱とは、決められた道路枠の外にはずれること。

・構造物衝突

構造物衝突とは、建物等に突き当たりぶつかること。

・車両横転

車両横転とは、車が横倒しになること。

・追越・追抜事故

追越・追抜事故とは、追越しまたは追い抜きの場合に、後ろから追越す車両が前の車両の横の部分に衝突すること。。

・すれ違い衝突

すれ違い衝突とは、対面進行中の車両間で、側方を通過する時に車両の側面の部分に他方の車両が触れ合うこと。

・捻挫

捻挫とは、手や足など関節に外から無理な力がかかり、靭帯のゆるみや一部断裂または、腱が損傷された状態。痛みや腫れが起こることもある。

・骨折

骨折とは、外から力が加わることによって骨が完全、もしくは、部分的に連続性を失った状態。

・脊髄損傷

脊髄損傷とは、脊髄に強い力が加わることによって、脊髄が損傷し、損傷部以下の神経が麻痺し、運動や感覚機能に障害が生じる状態。

・バレリュー症候群

バレリュー症候群とは、頸部の自律神経機能の障害で、症状は、頭痛,頭が重い,めまい,耳鳴り,聴力低下,眼精疲労,視力低下,流涙,首の違和感,摩擦音,昜疲労性,血圧低下など。

・頸椎捻挫

頸椎捻挫とは、追突、衝突あるいは急停止で、重い頭が振り子のように前後に動き、くびが鞭(むち)のようにしなることで起こります。首を支えている筋肉や靭帯、まれに神経や血管が損傷された症状。

・腰椎捻挫

腰椎捻挫とは、追突・衝突等で外から過度の力を加えられることにより、筋肉や靭帯などに損傷を与えること。

・外傷性頚部症候群 

外傷性頚部症候群とは、交通事故をきっかけとして生じる症候群を指します。肩こりや首の痛みなどが生じる症状。

・脱臼

脱臼とは、関節を構成する数個の骨の位置が異常にずれること。強い外力によって靭帯や関節包が破れることを外傷性脱臼という。

・打撲

打撲とは、からだを強く打ちつけたり、たたいたりすることによっておこる損傷。

・挫傷

挫傷とは、外力によって,皮膚の表面は傷つかずその下の組織が損傷を受けた状態.

・しびれ

しびれとは、交通事故の衝撃で骨がゆがみ神経に刺激を受け、圧迫することで生じます。

・頭痛

頭痛とは、交通事故による頭部挫傷の頭痛や首・頭の筋肉が緊張したことによって発症する頭痛があります。通常多いのは、この筋緊張性頭痛です。

・耳鳴り

耳鳴りとは、外からの音がないはずの状態で自覚的に感じる音の感覚です。

・めまい

めまいとは、目が回る。目がくらむ。と言った症状が現れます。

・吐き気

吐き気とは、腹部の上部に不快感を感じ、嘔吐したくなる症状を促す感覚。

・低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)とは、脳脊髄液 が減少することで頚部痛、慢性的な頭痛、嘔気、めまい、倦怠、視力障害または、思考力や記憶力低下など様々な症状が出現するというものです。、

・高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、認知過程(知覚、記憶、学習、思考、判断等)と精神・心理機能(行為の感情・情動)を総称する認知(高次脳機能)を病気(脳血管障害、脳症、脳炎など)や、事故(脳外傷)によって脳が損傷されたために、認知機能に障害が起きた状態。

・脳卒中

脳卒中とは、脳の血管が破れるかもしくは、詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される症状。

・脳炎 

脳炎とは、脳自体に炎症性疾患が起こる病気

・認知機能障害

認知機能障害とは、知覚機能、記憶機能、注意機能、実行機能などの脳機能の働きが困難を来す状態。

・組織陥没

組織陥没とは、欠損障害などによって身体の組織にくぼみが残ってしまった状態

・上肢機能障害

上肢機能障害とは、肩関節と肘関節、手関節(手首)の上肢3大関節における交通事故の後遺障害。

・下肢機能障害

下肢機能障害とは、股関節とひざ関節、足関節(足首のこと)を下肢3大関節における交通事故の後遺症。

・肩関節

肩関節とは、肩にある関節で、肩甲骨と上腕骨で構成。

・肘関節

肘関節とは、肘の関節。上腕骨、橈骨、尺骨で構成。

手関節 

手関節とは、手首にある関節。橈骨、尺骨、8つの手根骨を含めた10個の骨で構成。

・股関節

股関節とは、大腿骨と骨盤をつなぐ関節。

・膝関節

膝関節とは、膝の関節。膝蓋骨、大腿骨、脛骨で構成。

・足関節

足関節とは、足首にある関節。脛骨、腓骨、7つの足根骨を含めた9個の骨で構成。

・関節機能障害

関節機能障害とは、関節が曲がらなくなったり(関節の硬直・可動域制限)、不安定になったり(動揺関節)等関節機能にもたらす後遺障害。

・変形障害

変形障害とは、骨の形が変形する後遺障害 

・上肢欠損障害

上肢欠損障害とは、事故による受傷によって、上肢を欠損してしまった状態。

・下肢短縮障害

下肢短縮障害とは、交通事故で、大腿骨や脛骨などの脚の骨を骨折したことにより、骨折が治癒しても、骨折したほうの脚(患側)が、骨折してない脚(健側)より短くなってしまう状態。

・椎間関節症候群

椎間関節症候群とは、頸部と上腕外側部に疼痛が発症しやすい。曲げ伸ばしの運動により痛みが強くなる。

・神経根症状型

神経根症状型とは、交通事故のショックで頸椎がゆがみ、骨内を通っている神経の中心部分を圧迫することで手足にしびれや、鈍い痛みや刺すような鋭い痛みが生じる。

・脊髄損傷型

脊髄損傷型とは、両手の痺れ、筋力低下、重くなるとまれに、両下肢の麻痺がおこる。

・歩行障害

歩行障害とは、両足に体重をかけて立つこと、両下肢を交互に振り出して、体を移動させる歩行が全く出来ない、もしくは困難な状態。

・知覚障害 

知覚障害とは、外部からの刺激(光や音、温度等)や体内から受ける刺激、こうした刺激を正常に知覚できない状態。

・聴力障害

聴力障害とは、音が聞こえない、もしくは聞こえにくい状態。

・味覚障害

味覚障害とは、通常の味を感じることができなくなる状態。

・視覚障害 

視覚障害とは、、視力が低下したり視野が狭まったりする。それにより、生活に支障が生じている状態

・自律神経症

自律神経症とは、自律神経のバランスが崩れてしまい、心身にさまざまな不調をもたらす状態。身体症状は、頭痛や動悸、倦怠感など、精神症状としては、集中力の低下などの症状が現れます。

 

 

院長メッセージ

受付時間

 
午前 -
午後 --

【月~土】
午前8:30~午後7:30
【水】
午前8:30~午後1:00
【定休日】
日・祝・水曜午後

所在地

〒181-0014
東京都三鷹市
野崎1-14-4
エクリーンミタカ103

0422-31-8125

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

  • 接骨院・整骨院ドットエキスパート

PageTop